不倫と浮気の違い

とてもよく似ている言葉なので混乱している人も多い不倫と浮気の言葉の意味。けれども二つの言葉には明確な違いがあります。

浮気と不倫の違い

浮気の言葉の意味は「特定のパートナーがいながらも他の異性と関係を持つこと」であり、不倫は「男女の関係が人としての道を外れること」です。もともと不倫は男女関係のみを指すことばではなく、道徳に反した行為全般を指す言葉でした。

現在では一般的に「不倫は既婚者が他の異性に目を向けること。浮気は既婚者や独身者など関係なく、他の異性に恋愛感情を抱くこと」とされています。浮気の方が不倫よりも軽い印象が持たれています。また、不倫には肉体関係のイメージがとても強くついていますが、浮気はもっと範囲が広く肉体関係だけが定義ではありません。

浮気は発覚しても取り返しがつくかもしれませんが、不倫サイトの場合は深刻さが増します。結婚しているので相手への慰謝料などの手続きが必要になってくるかもしれません。

一般的なボーダーライン

不倫のボーダーラインは「配偶者以外の異性との肉体関係」とよく言われています。多少目移りをしたり、ボディタッチをしたくらいでは言い逃れされたり、認められなかったりします。

一方浮気はもっと定義が広くなります。キスをした、ボディタッチをした、中には他の異性と会話をしたことを「浮気」という人もいます。浮気のボーダーラインは人によって全く違ってくるので、付き合う相手によって注意しなければなりません。

法律的にみた「浮気・不倫」

離婚裁判で浮気や不倫が取り上げられることもあります。けれども法律には「浮気」や「不倫」という言葉は存在しません。全部「不貞行為」と呼ばれるようになります。

不貞行為とは配偶者以外の異性との肉体関係やその類似の行為のことを指します。あくまでも「肉体関係」なのでキスや手をつなぐといった行為は含まれません。けれども例え性交渉がなくとも離婚は成立する可能性があります。

他の異性に貢いだりデートなどを繰り返したことによって生活費を使い込んだり、家庭生活を顧みなかったりすると離婚が成立してしまいます。性交渉がなく、不貞行為と認められなかったとしても不利な立場に立たされるかもしれません。

浮気は定義の範囲がとても広く、必ずしも既婚者が絡んでいるというわけではありません。一方不倫は既婚者による配偶者以外の異性との肉体関係を指します。不倫も浮気も法的には「不貞行為」とされています。パートナーの浮気の定義を知ることで離婚裁判を避けることができるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


おすすめ記事

最新の投稿

人気記事

  1. 出会い系サイトで出会った女性との不倫

    この前の日曜日、彼女とデートに行きました。大阪のテーマパークです。学生の頃はよく行ったのですが、仕事…
  2. 略奪愛に成功!今は幸せに暮らしています

    先日3年間不倫をしていた彼女と結婚をしました。私たちの間の子を抱っこしての結婚式でした。今は愛する彼…
  3. 世界最大の不倫サイト アシュレイマディソン

    アシュレイマディソンは「人生一度。不倫をしましょう」をスローガンに掲げる、不倫専門のSNSです。20…
  4. 探偵に依頼!不倫調査費用はどれくらいかかるの?

    相手が疑わしい行動をするようになって不安になったら、探偵に調査を依頼するのも一つの手段です。探偵の不…
  5. ダブル不倫ブログ一覧~バレない不倫を参考に

    他の人の意見を参考にするために不倫ブログを読んでみましょう。ダブル不倫について書かれたものを読むと、…