旦那や妻が不倫をしていた時の対処法

どうして好き合って結婚したのに不倫をしてしまうのでしょうか。原因を突き止め、対処法を知り、自分に都合のいい流れを作りましょう。

不倫の主な原因

  • 相手に魅力がなくなった
  • 妻が不倫をする場合、夫に魅力がなくなったという理由が多くあります。年齢とともに魅力は衰えていくものです。不倫をさせたくないのであれば、結婚して付き合いが長くなったとしても、外見・内面ともにブラッシュアップする努力をしていきましょう。

  • セックスレスでストレスが溜まっていた
  • 日本では夫婦間のセックスレスが問題になっています。欲求不満になり、耐えきれず配偶者以外の異性で性欲を満たしてしまおうと思ってしまう人もいます。日頃からコミュニケーションを大切にすることで防げます。

  • 馬鹿にされるなど、存在を認められている気分になれない
  • 稼ぎが少ないなど、プライドを傷つけられるような発言を繰り返していると、相手が不倫相手に逃げてしまうかもしれません。また、女性はいくつになっても異性として認めてもらいたいと思う生き物です。不倫を防ぐためには「ここにいてもいいんだ」と思わせることが大切になってきます。

具体的な対処法

  • 感情的になって問い詰めない
  • 相手の不倫を知ってしまったら怒りと悲しみで頭が真っ白になってしまうかもしれません。その勢いで相手に問い詰めるのは逆に危険です。決定的な証拠がなく、言い逃れされて終わってしまうかもしれません。まずは堪えて冷静になるようにしましょう。

  • 証拠集めをする
  • じっくりと時間をかけて証拠を集めましょう。帰ってくるのが遅い日を記録する、ホテルのレシートなどがないかを探す、プロに依頼して尾行してもらうなどやり方は様々です。離婚裁判や話し合いで有利になるように、決定的な証拠をつかむようにしましょう。

  • 話し合いをする
  • 証拠集めが済んだら離婚をするのか、今後どうするのか話し合いましょう。弁護士などの第三者に立ち会ってもらうと話し合いがスムーズにいきます。離婚には結婚よりも時間とお金がかかる場合があります。子供がいると親権などの問題もあるので、根気が必要です。

  • あえて一旦置いておく
  • 証拠を集めてすぐに話し合いに持ち込むのではなく、一旦置いておくのも案としてはあります。「いつでも問い詰めることができる」という精神的余裕ができることで、冷静になれます。相手を不倫に走らせてしまった原因が自分にもあると思えば改善し、相手を引き戻すことが可能になるかもしれません。

配偶者に不倫サイトをされた場合さまざまな原因が考えられます。その上で冷静になり、証拠集めをして話し合いをしましょう。離婚をするにしてもよりを戻すにしても、少しでもスムーズな流れを作るためにも、冷静になってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です